テレビを壁掛けするときの高さや位置、距離感は?

テレビを壁掛けすると、モダンでスタイリッシュな印象となるため、すっきりとした室内空間を整えたいと考える人にぴったりです。
しかしテレビ台と違って簡単に移動できるというわけではないため、最初にきちんと高さや位置、見る人との距離を考えて壁掛けすることが重要です。
まず高さについては、どんな姿勢でテレビを見る機会が多いのかを考えましょう。ソファに座って見るのと、床に座り込んで見るのとでは高さに違いが生じます。見上げる姿勢だと首や目が疲れやすいため、少し見下ろす程度の高さになるようにシミュレーションしてみると良いでしょう。
また、位置選びも重要です。いつも座るソファなどの定位置を選ぶことはもちろん、昼間にテレビを見る機会が多い人は窓からの日差しも計算に入れておくことが重要です。日差しが画面に差込むと非常に見えづらいため、気にならない位置に壁掛けするかカーテンを閉めるかの対応が求められます。
そして重要なのは距離感です。近すぎても目が悪くなり、遠すぎると細かい文字が見えなくなるということもあるでしょう。距離に関しては家族全員が出来るだけ見やすい距離感を把握する事が重要であるため、家族全員が一度テレビとの適切な距離がどのくらいかをメジャーなどで性格に計測してから実際に壁掛け作業を行っていきましょう。
全員が見やすい高さや位置、距離にテレビを壁掛けすることが出来れば、毎日のテレビライフを快適にすることが出来るでしょう。

Just another WordPress site