テレビは天吊りにするのがおすすめ

テレビは床にダッシュボードを用意して、そこに設置されることが多いです。しかし天吊りにした方がたくさんのメリットがあります。まずコードが絡まりません。テレビは複雑な電子機器なので、たくさんの配線コードを必要とします。地上デジタルだけでなくBSやCS、インターネットに接続すると、それだけコードの数が増えます。天吊り金具は配線を天井に収納するため、部屋の床にコードが散乱することがありません。子供やペットが部屋を自由に歩き回ることができます。小学校や中学校では、授業で使うテレビの多くが天吊りになっています。また部屋の見た目をかっこよくできます。天吊りテレビを設置する店は、おしゃれな雰囲気なバーやカフェなどが多いです。それは天井から吊るすことで、通常の設置方法とは違った雰囲気になるためです。スタイリッシュな空間を提供できるので、こだわりのサービスを提供する店が導入する傾向にあります。最近では一般家庭でも、店のようなおしゃれを楽しむためにインテリアとして天吊りにしています。日本は人口の割に土地が狭いので、一つの世帯が居住できるスペースもそれほど広くありません。テレビのように大きな電化製品は、部屋にあるだけで圧迫感があります。床に物がたくさんある一方で、天井など上の方にはスペースが残されているので、天吊りテレビにすれば空間の有効活用が可能です。テレビの設置場所に関係なく、他のインテリアを配置できます。

Just another WordPress site