壁掛けテレビをDIYで作る事

現在ではDIYで色々な物を作る事が出来るようになっています。
その一つが壁掛けテレビです。
純粋にテレビを壁掛けにする事も出来れば、そうではなく壁掛けの様に見せてテレビを設置できる台を作る方法もあります。
実際に自分がどこに住んでいるのか、持ち家なのか賃貸なのかによっても用意すべき道具は変わって来ますが、決して自分で作る事は不可能ではありません。

ただ注意したいのは、テレビの重さを考慮すると言う事です。
実際に壁掛けにしても、その重さに壁が耐えられなければ落下してしまうからです。
出来るだけ強度を増す事が重要となります。
従って、材料に関しては出来るだけ補強しておくと言う事が必要で、時には自作の方が高額になってしまう事があると言う事も十分理解しておかなければいけません。

また、DIYでテレビを壁掛けにする場合は、水平器を用意しておく事がポイントです。
中には全くそういう事を考えずに作ってしまう人もいますが、出来るだけ安定性の有る物を作りたい、用意したいと思うのであれば水平器は必ず用意しておきましょう。
そしてこまめに水平かどうかをチェックする事によって、安定性の有る物を作る事が出来ます。

一般的に壁掛けテレビは台に置くタイプに比べると安定性もあり、地震にも強いと言う風に評価されています。
ただそれは正しく作り、設置した場合に限ると言う事を理解しておきましょう。
従って、適当に作る事は無い様にして、寸法を測り、水平かどうかをチェックしながら作る事がポイントとなります。

Just another WordPress site