パナソニック(Panasonic)2016年最新テレビのオススメポイントとは

パナソニックは現在、IPSパネルを使った4Kテレビを高級モデルの中心とした品揃えをしています。4Kテレビの参入が他社に出遅れたかのようであったが、これまでの技術力の高さを見せつける形で、プラズマテレビでのノウハウをもとに巻き返しを図っている。
Panasonicの2016年最新オススメポイントといえばFirefoxOSが搭載された4Kテレビが登場することでしょう.テレビ向けのFirefoxの新機能としては、ユーザーがお気に入りのチャンネル、アプリ、ビデオ、ウェブサイト、その他のコンテンツにテレビのホーム画面からアクセスできる機能なのです。使い慣れたスマートフォンのような感覚で操作できますし、声の音声認識を使って操作も可能です。良く使う機能はショートカットで表示することも出来ます。お気に入りのコンテンツはホームに登録して使いたい時にはすぐに呼び出せます。声を使って簡単番組検索や録画予約もできますので、手元に番組の情報がなくてもクラスや職場で話題の番組をすぐに予約することが出来ます。家族で見たいチャンネルが違う時にはインフォメーションバーが役に立ちます。リモコンのホームボタンを長押しした後、左カーソルを押すだけで、気になっていた裏番組のチェックが可能です。メニュー構成がとにかくシンプルに見やすくなりました、起動して最初の画面はお年寄りや女性にもわかりやすく進化を遂げており、きわめて使いやすくなっています。

テレビメーカーで知られるSHARP(シャープ)は、2016年も次々と新製品を投入しています。いずれも最新技術が採用されたものばかりで、従来の製品とは違った目新しい機能が目立つのも特徴です。

中でも最も注目したいのが、シャープが販売するテレビのフラッグシップであるAQUOS4Kモデルです。4Kとは、従来のテレビよりも高い解像度を備える製品です。解像度とは画面の精細さを表す数値で、大きくなるほど映像を細部まで表現できることを意味します。各社ともこの4Kに対応した製品を開発していますが、シャープは独自の技術によりさらに解像度の高い製品の開発に成功しました。4Kで表現できる情報量の2倍を誇る8Kを実現しており、そのための専用回路も搭載されています。映像の進化は今後も進んでいくことが予想されるので、今のうちからこうした他製品よりも高解像度の機種を選んでおくことは大きな意味があると言えます。

一方で、従来の技術をより使いやすく改良した新製品も登場しています。AQUOSのW30ラインのオススメポイントは、裏番組の録画にも対応している点にあります。同じ時間帯に録画したい番組が重なっている場合でも、こちらの製品なら両方共録画できるため便利です。無線LANに本体が対応している点も進化したポイントです。LANケーブルをつなぐことなくネットに接続できるので、ネット配信動画を再生するなど使い勝手がさらに良くなります。これまでの製品で課題となっていた音質についても、独自設計によるスピーカーを搭載することで臨場感あふれる映像を楽しめるようになりました。

Just another WordPress site